【まとめ】2017駿台センター試験実践問題集 現代社会 全国入試模試センター編

公開日: : Books

今年、去年と連続してセンター試験を受けていますが、いずれも現代社会は70点台でした。

通訳案内士自体の興味が薄れつつありますが、通訳案内士試験の免除対象として懲りずに2017年1月に受ける予定です。今まではセンター試験過去問研究 現代社会 (2017年版センター赤本シリーズ)いわゆる赤本といわれる過去問などを適当にやっていましたが、今回は予想問題集も取り入れています。

『2017駿台センター試験実践問題集 現代社会 全国入試模試センター編』を読みました。
気になった箇所やメリット・デメリットのまとめ記事。

オリジナル予想問題を掲載

本書に収録された問題は、すでに駿台予備学校で行われた実績のある模試の中から、特に優れたものを精選し掲載しています。形式・分量はもちろん、題材・レベルに至るまで、実際のセンター試験と遜色のないよう工夫を凝らしてあります。

重要事項の総復習ができる

別冊巻頭には、センター試験に必要な重要事項をまとめた「直前チェック総整理「を掲載しています。コンパクトにまとめてありますので、限られた時間で効率良く重要事項をチェックすることができます。

わかりやす解説で2次試験の準備もできる

解説は、ていねいでわかりやすいだけでなく、そのテーマの背景、周辺の重要事項まで解説してありますので、2次試験の準備にも効果を発揮します。

大学入試センター試験実戦問題集現代社会 2017 (大学入試完全対策シリーズ)のまとめ

メリット
  1. 予想問題をセンター試験5回分解ける
  2. 得点別偏差値・順位表で自分の現在位置を把握できる
  3. 「センター試験換算得点」から苦手分野の対策が行いやすい
デメリット
  1. 2015年度実施が3回分ある
  2. 現代社会は図問題が少ないので、解説が文章ばかりで眠たくなる



SPONSORED LINK
SPONSORED LINK

おすすめの商品を紹介しています。

no image

今まではToeflというと海外の大学留学への登竜門として利用されてきた英語試験だったかと思います

レビューを読む

TOEICテスト公式問題集 新形式問題対応編

まだ後3月、4月と2回も現形式のテストが残っているわけですが、ちょっと我慢できずに購入してしまい

レビューを読む

ETS TOEIC 公式実践書 LC+RC 1000 最新傾向 (教材+解説集)【韓国版】

・わからない英単語一覧 調べて更新英単語・熟語の意味を書き出していく。英単語帳代わりにして暗記し

レビューを読む



当ブログの人気エントリ一覧。おすすめです

  コメント

0
入力フォームを隠す

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


 
PAGE TOP ↑