スマホ代(携帯代)の節約をする。有料の留守番電話サービスを無料に変更する。

公開日: : スマートフォン

スマホ代(携帯代)の節約をする。有料の留守番電話サービスを無料に変更する。

私はmvnoのb-mobileを利用しているのですが、現状留守番電話サービスを利用しているので月額基本料料金1600円+留守番電話300円で大体2000円前後(電話をしない場合)です。

また、FUSION IP-Phone SMART(楽天コミュニケーションズ株式会社に変わるらしい)も契約していたのですが、まだ精度に心配があったのであまり利用していませんでした。しかし、留守番電話サービスは無料で利用できるということでこれとの連携で活用しようと考えました。

かねがね満足できる音声で録音されていましたので、手順を残しておこうと思います。
b-mobileだけでなくsoftbank,au,docomoなどで留守番電話サービスが有料の場合は、同じように使えると思います。(転送元の転送機能が無料など差分の確認が必要です)

スポンサーリンク

FUSION IP-Phone SMARTの契約を行う

まずはIP-Phone SMART申し込み方法の説明です。まだ、ご契約されていない方は、ホームページに記載がありますので、IP-Phone SMART申し込み方法をご覧の上で対応してください。基本月額料金は無料で、使った分だけ料金がかかる仕組みです。あまり使っていないと登録の解除が要求されるようですが、今の所私はそのような状態になっていません。

・PR

転送元の携帯電話の設定で転送設定を行う

ここでは、b-mobileの場合の転送設定を説明します。ご自分のキャリアの設定に読み替えてご確認ください。

my b-mobileのメインから音声オプション変更ボタンを押し、転送電話の契約設定を行います。音声マニュアル:転送電話の説明に従って、転送先電話番号を入力します。呼び出し時間はお好みですが、私は20秒ぐらいで設定しました。

ガイダンスの有り・無しの設定で無しにすると、「お電話を転送いたしますので・・・」というガイダンス音声が再生されませんので、違和感なくFUSION IP-Phone SMARTの留守番電話に移行させることができます。

・PR

FUSION IP-Phone SMART側で留守番電話の設定を行う

FUSION IP-Phone SMARTにログインしてメイン画面で各種設定ボタンを押す
FUSION IP-Phone SMARTにログインし、メイン画面にある各種設定ボタンを押します。

各種設定画面で着信転送、留守番電話設定画面へボタンを押す
各種設定画面にある「着信転送、留守番電話設定画面へ」ボタンを押し、留守番電話設定画面へ移動します。

留守番電話設定で呼び出し時間を即時、通知+録音データ添付、メール送信後録音データ削除を選択。
留守番電話設定の項目で、呼出時間を「即時」、「着信通知と録音データファイルの添付」を選択します。録音データは10件まで保存されますが、ご自身で毎回ログインして削除したりが面倒であれば、「メール送信後に録音データ削除」にチェックをして保存します。以上で完了です。

SPONSORED LINK
PR

おすすめの商品を紹介しています。

30th ANNIVERSARY ドラゴンボール 超史集─SUPER HISTORY BOOK─ (愛蔵版コミックス)

英語で多読をするときは、文章だけでは前後からの予測でもわからない単語が多いですが、漫画などの絵がある

レビューを読む

ハッカーズTOEFLテストスピーキングHackers TOEFL Actual Test Speaking

最終的にはspeakingもwritingもテンプレートを使わない解答ができるといいのかもしれま

レビューを読む

no image

今まではToeflというと海外の大学留学への登竜門として利用されてきた英語試験だったかと思います

レビューを読む



当ブログの人気エントリ一覧。おすすめです

  コメント

0
入力フォームを隠す

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


 
PAGE TOP ↑