【まとめ】きょうの奈良 まほろばの国の三六五日保存版

公開日: : 読書

きょうの奈良 まほろばの国の三六五日保存版』を読んでみたので、気になった内容をまとめたりします。

奈良好きのために奈良の祭事、季節の話題や名所旧跡などを月別日にちごとに「奥の深い大和奈良の魅力を日暦(カレンダー)で語る」(表紙より)書籍として纏められており、

奈良を訪れる際に、どの時期にくれば秘仏が公開されているのか、花の時期はどこの方面へ行けばいいのか、その季節にはどんな野菜が食べられるのかなど、修学旅行では訪れない奈良の魅力を具体的に知るきっかけにしていただければと思います。

また奈良の事をもっと知りたいと言った方にも奈良まほろばソムリエ(奈良検定)合格者の推薦図書としてきょうの奈良 まほろばの国の三六五日保存版が推薦図書として挙げられています。


とんど 吉祥草寺・大神神社など

「とんど」とは「左義長」「どんど焼き」ともよばれる小正月の火祭で、正月のしめ縄飾りや門松、また古い護符などが各寺社で焼かれる。「とんど」の火には神通力があると信じられてきた。

奈良県最大規模の「茅原の大とんど」が役行者の生誕地と伝わる御所市吉祥草寺境内で十四日におこなわれる。これは、修正会の最終行事で、藁や萱、竹でつくられた高さ6メートルもの雄雌一対の大松明が燃やされ、夜空を焦がす壮大な光景が見られる。千二百年以上もつづく行事である。

2月の奈良 第一日曜日

おんだ祭り 飛鳥坐神社(明日香村)

「飛鳥の神奈備山」とよばれる鳥形山に鎮座する飛鳥坐神社で、五穀豊穣、子孫繁栄を祈る「おんだ祭り」が二月第一日曜日におこなわれる。熱池八幡神社(愛知県西尾市)の「てんてこ祭り」、田縣神社(愛知県小牧市)の「豊年祭」、素戔嗚神社(桜井市江包)の「網掛祭(お綱祭)」とともに、西日本の四大性神事といわれる奇祭である。

高市群明日香村飛鳥七〇七−一 0744-54-2071 近鉄橿原神宮駅前から明日香周遊バス「飛鳥大仏前」下車

奈良検定によく出る祭りとして「おんだ祭り」がありますね。


奈良まほろばソムリエ検定公式テキストから出題予想をする
奈良検定1級の頻出単語一覧とワードクラウドで可視化
奈良検定2級の頻出単語一覧とワードクラウドで可視化

SPONSORED LINK
SPONSORED LINK

おすすめの商品を紹介しています。

Hackers TOEFL ListeningハッカーズTOEFLのリスニング :3rd iBT Edition

勉強法としてTOEFLを知り尽くしているHACKERSの韓国本TOEFLを利用して大量の英文を聞いて

レビューを読む

ハッカーズTOEFLテストスピーキングHackers TOEFL Actual Test Speaking

最終的にはspeakingもwritingもテンプレートを使わない解答ができるといいのかもしれま

レビューを読む

TOEICテスト公式問題集 新形式問題対応編

まだ後3月、4月と2回も現形式のテストが残っているわけですが、ちょっと我慢できずに購入してしまい

レビューを読む



当ブログの人気エントリ一覧。おすすめです

  コメント

0
入力フォームを隠す

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


 
PAGE TOP ↑