toeflのアカデミックな英単語の勉強対策には同義語とあわせて覚える TOEFLテスト頻出英単語4000 の書籍を使用していて気づいた不満点

公開日: : 最終更新日:2016/02/15 TOEFL ,

【書籍レビュー】同義語とあわせて覚える TOEFLテスト頻出英単語4000 の書籍を使用していて気づいた不満点

見出し語に対しての同義語、類義語が載っているのがプラス点だが、不満な点もありました。どういった所がというと

スポンサーリンク

同義語とあわせて覚える TOEFLテスト頻出英単語4000の不満点

確かに見出し語に対して数多くの同義語、類義語が載っているのですが、索引から同義語や類義語の掲載されているページを検索する方法がないように思います

巻末にあるアルファベット順の総索引(Index)に載っているのはあくまで見出し語のみのようで全部調べたわけではありませんが、同義語、類義語で索引に記述されているのはTOEFLテストに高い頻度で用いられる英単語の見出し語のみで、見出し語としてはない同義語、類義語に関しては最後のIndexには記載されていませんでした。

・PR

まとめ

TOEFLテスト英単語3800の人気をよく聞きこちらも利用しているのですが、今回紹介した「同義語とあわせて覚えるTOEFLテスト頻出英単語4000」と並行して利用するのはアリかと思います。

また、単語帳にありがちな効率よく覚えるためにはどうしたらいいのかが考えるべき問題でしょうか。音声が遅いので1.6倍速あたりにしたいが、早くしすぎると複数の意味があったり、同義語、類義語が多いと全部を見ることができない。

同義語とあわせて覚えるTOEFLテスト頻出英単語4000 (TOEFL iBT Test パーフェクト対策シリーズ)の私の勉強記録一覧
2016年1月19日 Basic,Low Intermediateを1.5倍速で声に出しながら覚えていく。High Intermediateを一回目音読。2016年1月20日 Advancedを1.5倍速で1回目音読しながら終了。TOEFLテストに必須となるジャンル別単語(Chapter5)は約600単語記載されているが、音声は収録されていないみたいです。2016年1月21日ジャンル別単語音読。BASIC1から1501倍速で可能な限り同義語、類義語も音読していく。

1周済み(1.6倍速音読)
〜2016/1/25 1倍速で可能な限り見出し語だけでなく、同義語、類義語も音読してく。Chapter1 Basic P102 1212単語目まで終了
〜2016/1/26 Chapter2 Low Intermediate,Chapter3 High Intermediate P270 3126単語目まで完了
〜2016/1/27 Chapter4 Advanced最後まで終了
継続して利用中可能な限り1日1000単語のToeflで必須な英単語を音読しながら覚える。だいたい1Chapterずつ

SPONSORED LINK
PR

おすすめの商品を紹介しています。

ETS TOEIC 公式実践書 LC+RC 1000 最新傾向 (教材+解説集)【韓国版】

・わからない英単語一覧 調べて更新英単語・熟語の意味を書き出していく。英単語帳代わりにして暗記し

レビューを読む

30th ANNIVERSARY ドラゴンボール 超史集─SUPER HISTORY BOOK─ (愛蔵版コミックス)

英語で多読をするときは、文章だけでは前後からの予測でもわからない単語が多いですが、漫画などの絵がある

レビューを読む

Hackers TOEFL ListeningハッカーズTOEFLのリスニング :3rd iBT Edition

勉強法としてTOEFLを知り尽くしているHACKERSの韓国本TOEFLを利用して大量の英文を聞いて

レビューを読む



当ブログの人気エントリ一覧。おすすめです

 
PAGE TOP ↑