WordPress Stinger3のAmazonアソシエイトの効果を最大化する「HUNTER」をさらに効果的に既存カテゴリ全てを有効活用する。

公開日: : カスタマイズ

各記事に複数カテゴリを採用していない人には有用なのではないかと考えると、stinger3のhunterコードを利用している人は簡単わずか1分で対応可能で、おすすめカテゴリにしていなかった過去記事も再びランダム表示し有効活用してアマゾンアソシエイトの効果をさらにアップさせましょう。

スポンサーリンク

WordPressのStinger3のアマゾンアソシエイトをさらに効果的に

元記事ではカテゴリをおすすめ検索の対象にしていますが、これをtag検索に変更するだけです。

複数カテゴリを採用していない人はおすすめカテゴリのみの記事にStinger3hunterが利用できていましたが、この変更で今まで書いたレビュー記事だけでなく、その他の既存の記事にもおすすめtagを付加することによって埋もれた記事を減らす事ができます。

tagで検索するように変更するだけだけど。私は現状記事に対して単一カテゴリなので今回の対応を行いました。パンクズリストのカテゴリの階層を適切に検索エンジンに認識させるために単一カテゴリを採用すると検索順位が上がったという報告記事もあるようです。でも、カテゴリ分けに関しては複数カテゴリのほうがいいような気もしますがどっちがいいのか。

・PR

WordPress記事関連ソースのsingle.phpで変更を行う。

WordPress Stinger3のAmazonアソシエイトの効果を最大化する「HUNTER」をさらに効果的に既存カテゴリ全てを有効活用する。
もう公開はされていないようですので、対応できるのはごく限られた人になりそうですが、カテゴリで検索していたところをタグで検索に変更するのみの対応で実現できます。tag名はお好みでいいのでは。例えば「アマゾン」slagは「ama_recommend」のような感じです。

	$args = array(
	'post__not_in' => array($post -> ID),
	// カテゴリだとそれ以外で検索できないので tagで検索してみる
	//'cat'=> 4,
	'tag' => 'ama_recommend',
	'posts_per_page'=> 3,
	'orderby' => 'rand',
	);

これを行っているとおすすめ紹介したい各記事におすすめtagを付加させることになるので他のことでデメリットになったりしないのかな・・・カテゴリ検索でもそうだと思うが文字列検索にしてしまうとおすすめ記事が増えていくと検索速度に影響は出るかもしれない。ランダム検索3つ分だからあまりきにする必要ないのかな。カテゴリ、タグどちらでもslag名、番号で検索できると思うので数字に置き換えればいい気もするけど。

SPONSORED LINK
PR

おすすめの商品を紹介しています。

新TOEICテスト 文法問題 でる1000問

久しぶりに解き直した新TOEICテスト文法問題でる1000問の結果が途中ながらひどすぎたので、音

レビューを読む

同義語とあわせて覚えるTOEFLテスト頻出英単語4000 (TOEFL iBT Test パーフェクト対策シリーズ)

見出し語に対しての同義語、類義語が載っているのがプラス点だが、不満な点もありました。どういっ

レビューを読む

★月額100円(税抜)~/WordPress簡単インストール! ロリポップ!レンタルサーバー ★

ロリポップのレンタルサーバーが2015年12月15日に1日あたりの転送量制限を大幅緩和が行われました

レビューを読む



当ブログの人気エントリ一覧。おすすめです

 
PAGE TOP ↑